第1章モテるブサイクとモテないイケメン

 

あなたはこんな経験ありませんか?
「あのブサイクになんであんな可愛い彼女がいるんだ!!」
または、
「俺って結構ルックスには自信があるし、カッコいいってよく言われるけど
なぜか彼女ができないんだよなぁ」
それにはちゃんとした理由があるんです。
ブサイクなのに可愛い彼女がいる理由も
イケメンなのに彼女ができない理由も。
その理由とは「女性の本能」と言えるでしょう。
じゃあ、その「女性の本能」って何なの?
それを詳しく見てみましょう。
恋愛対象のブサイクと恋愛対象外のイケメンの決定的な違い

第2章女の子の意見

男は女の子を好きになる基準に
女の子の外見がかなり重視される傾向にありますよね。
もちろん、女の子だって相手の外見はチェックしています。
ただ、男と違うのはルックスだけで判断するのは10代くらいまでで
それ以降はルックスよりも中身を重視するようになるんです。
中にはいますよ!
大人になってもジャニーズの追っかけをしていたりする人も。
でもそういう人はごくまれで、
大抵の女性は男を好きになる基準として中身を重視します。
ではここで、ルックスと中身に関する女性の意見を
二つピックアップしてみましょう。
■意見1
私は正直見た目から入ります
ですがだんだんと深く接していく内に見た目は全く関係なく、
中身で人を好きになることも多々あります
結局見た目なんて、最初のきっかけでしか無いと思います!

あと、皆さんが言うように、見た目というのは
顔じゃなくて雰囲気、オシャレさ、清潔感、体型で決まると思いますよ
■意見2
最初は絶対に容姿ですよ笑
だって、容姿が生理的に受け付けなかったら
仲良くなりたいとも思わないし、
ましてや恋愛対象に入るわけがないですし
みなさん自分の中の最低ラインてあると思います
誰しもが無意識に自分の好みの容姿の人間に好意を抱くはずです
なるほど(´∀`*)
このお二人に共通しているのは
「最初は見た目から入る」ということ
この部分は男性と変わらないようです。
ただ意見1の方も言ってるように
見た目というのは
顔じゃなくて雰囲気、オシャレさ、清潔感、体型で決まるということ

そして、
だんだんと深く接していく内に見た目は全く関係なく、
中身で人を好きになることも多々あります
という部分
ここが、世の中美女と野獣のカップルが結構多いのと関係がある部分です!!
つまり、ブサイクなのに可愛い彼女がいる人がいて、
イケメンなのに彼女ができない人がいることに関係しています。
出会った頃は外見以外に判断材料がないのでルックスの良い人が有利です。
しかし、何度か会っているうちに相手の内面も見えてきて、
出会った頃には気付かなかった魅力に気づき、
惹かれてしまうことがあるんです。
ルックスはそれほど重要ではなくなってくるのです。
ここで、さらに
実際にブサイクな男を好きになった女性の意見をピックアップしてみましょう。
■意見3
私も若い頃はイケメンでセクシーな男性が好みでした

さらに今では恥ずかしいですが、自分のことは棚に上げて、
職業や家柄にこだわった若かりし時期もありました笑
でも、外見関係無く、背景関係無く、
ものすごく気の合う男性と出会った時、
一瞬一瞬がこんなに楽しいものなのかって目からウロコでした
それ以来、びっくりするほど外見や背景なんて全く気にしなくなりました。
その人がいかに楽しく充実して生きてるか、思いやりのある人なのか、
というのは自然と顔に出るものだと思います。
■意見4
私も今まで一目惚れなど
外見から入ってました!
でも、今の人は全く
タイプではなく、むしろ
苦手なタイプでした。
だけど接してるうちに
いい所も悪い所も見えてきて

それでも一緒にいたい
と思ったので、付き合って
結婚します。
今は彼がかっこよく
見えてしまって、タイプの人
が近くにいても、ああかっこいいな
くらいの勢いになってます(笑)
■意見5
私の実際の体験談です。参考になれば・・・。
最初は外見タイプじゃなかった大学時代の先輩。
性格はリーダータイプで仲間の面倒をよく見る、
そして思いやりのある自信に満ち溢れた情に厚く礼儀正しい男。
性格があまりにも男前だったので、
実際に付き合ったら、顔まで男前に思えてきて、
結局10年も付き合いました。
(別れた今でも友達として大好きです)

その後、同じ会社の物凄いかっこよくて、モテモテの男性に、
熱烈にアプローチされ、喜んでお付き合いしたのですが、
デート中に鏡で自分の姿をチェックしてるのを見て、
「げっ。。ナルシスト・・」って思ってしまったり、
ディーゼルの服ばかり買う姿が頭悪そうに見えてしまって、
半年で別れを告げました。
外見が良いと、最初のきっかけとして恋愛対象になりやすいけど、
長く続くかと聞かれると・・・・・・
以上がブサイクな男を好きになった女性の意見です。
あなたは、モテないのを自分のルックスのせいにしていませんか?
しかし、ご覧のとおり
女性は外見がタイプじゃない男性に惹かれることが少なくないんです。
次の章ではいよいよ核心に迫ります!!
恋愛対象のブサイクと恋愛対象外のイケメンの決定的な違い

第3章モテるブサイクとモテないイケメンの決定的な違いとは?

さて、いよいよブサイクなのに可愛い彼女がいて、
イケメンなのに彼女ができないことのからくりについてです!
第1章でその理由は「女性の本能」と言いました。
女性の本能とは?
それは





「強いオスを求める」
女性は子供を産み、子供を育てなければなりません。
その間誰かに守ってもらい、養ってもらわなければなりません。
そして、産まれてくる子供もまた次の子孫を残さなければなりません。
そうです!
産まれてくる子もなるべく優秀じゃなければなりません。

なので、なるべく強いオスを選ぶ必要があるわけです。
強いオスとは?
原始の時代の頃を考えると
・健康である
・力持ち
・食料を確実に獲ってきてくれる
・トラブルに冷静に対処できる
・家族に危機が訪れたときに助けてくれる
といった感じでしょうか。
当然原始時代と現代では価値観や背景そのものが違いますが
「健康である」や「トラブルに冷静に対処できる」など現代に通ずるところもありますよね。
実際にモテている友人・知人(いない人は芸能人でもいいです)に
当てはめてみてください。
彼らに共通しているものがあります。
それは何だと思いますか?
それは「男としての自信」です。

そうなんです!!
イケメン・ブサイクに関係なくモテている人は
「男としての自信」を持っている人なんです!!
それにプラスアルファとして、現代では
服装、髪型、清潔感などの外見的要素が加わります。
ただし、顔はそこまで関係ありません。
中学生や高校生の頃、不良ってモテていませんでした?
その理由は「男としての自信」が女の子には魅力的に映るからです。
逆に、「こいつ顔はカッコいいのになんでモテないんだろう?」って人は
「男としての自信」が見えず、女性から見れば魅力的に映らないからです。
「自信がある奴がモテるのはよく分かった!
でもモテないんだから自信なんてあるわけないじゃん!
そんな奴は一生モテないって言いたいのか?」
という声が聞こえてきそうです。
大丈夫です!!
一つだけ自信をつける方法をあなたにお教えします!!

それを次章でご紹介します。
恋愛対象のブサイクと恋愛対象外のイケメンの決定的な違い

第4章男としての自信を手に入れるには

「自信を持て」と言われても
どうすれば自信が持てるようになるのか分かりませんよね。
自信とは、文字通り「自分を信じる」ってこと
自信がないとは、つまり「自分を信じることが出来ない」ってこと
恋愛に限らず、人間は、
初めての事や、いつも失敗してしまうことをするときは、不安になります。
それは、人間として当たり前の気持ちなのです。
自信がないのは仕方のないことなのです。
30年以上生きてきた僕があなたに言える事は一つです。
それは・・・
「自信がなくても、自信のあるフリをしてみよう!!」
自信がなくてもいいんです。でも自信のあるフリをしましょう!!
いつも自信のなさそうな感じにしてたら、いつまで経っても変わりません
嘘でもいいから、自信のあるフリをしていれば、
いつの間にかそれが当たり前になって、
いつしか心配事、不安な事が気にならなくなったり、

自信が持てるようになったりするものなんです。
本当ですよ!
あなたもやってみてください!
これが今、僕からあなたに教えてあげられる自信をつける方法です。
「女の子にもっとたくさん話しかけて慣れろ!ナンパしまくれ!」とか
「まずは風俗に言って女を知れ!」とかいうアドバイスをする方も
いらっしゃいますが
「それが出来るならこんなに悩まない!!」
という方も少なくないと思います。
でも、僕のやり方ならそれほど難しくはないと思います。
是非実践してみてください。
これで今回のレポートは終わりです。
最後までお読み頂きありがとうございました。

 

恋愛対象のブサイクと恋愛対象外のイケメンの決定的な違い

おススメ

えがお 青汁商品の購入でポイントがいつでも3%以上貯まりお得に買い物できます. ... 10種類の有機原料で健康サポート えがおの青汁満菜 31包 ... 【送料無料】濃縮酵素青汁 酵素の導き222 100g 青汁なのにジュースのように甘くて美味しい♪→えがおの青汁満菜 通販
甘味料が入っていて気になる; コストが掛かる、価格が高い; 通販でしか買えない; 青汁特有の味が薄い ... 青汁+牛乳. えがおの青汁満菜1包と牛乳100ccをシェイカーに入れ、シェイク!シェイク! 牛乳だからでしょうか?